2018年10月01日

アンチ・エイジング

アンチ・エイジングが話題になるってことは、それだけもう若くないってこと。わかってます!
でも話題にしたくなるので書きますが、若さだけではないけど、
髪の毛の綺麗な人って憧れます。
何を食べて、何をして、どうしたらあんなにキレイをキープできるんだろう、、
そう思ってしまう。
私も努力は欠かしてなくて、最近は髪が綺麗だねって言われることも多くなってきました。
嬉しいじゃないかー。

聞くからにビタミンEが多そうなココナツ・オイルで髪の毛のパックしてたら
なんだかツヤも出て来たし、しなやかになった気がします。
ココナツ・オイルで、です。

肌にもいいんです。
日焼けを予防してくれると言われています。
オイルを顔に塗るのが抵抗のある人はやめておけばいいし。

乾燥が気になる足には、マッサージしながら塗っていたらしっとりしてきますよ!

ココナツオイルはヘルシー・ショップなどでも買えるようですし、
アマゾンなどのネットでも買う事ができます。
ぜひお試しあれーー。
きっとあなたも輝く髪に!

2018年09月01日

リンゴで罰金

デルタ航空に乗った人が、乗り継ぎ前の飛行機のなかでもらったリンゴをそのまま最終目的地(アメリカ?)に、そのことを忘れていて持ち込んでしまった。

(ナマモノの持ち込みが禁止な国、けっこうあります)

それでもちゃんと「これは飛行機のなかで配られたもの」と訴えたし、
袋にもそう書いてあったのに、なんと罰金。
5万円くらい!!
ぼったくり!

この人は「誰かのお役に立てたら」ってことでアップしてましたけど、
これは少しやりすぎですね(飛行機会社が)。

リンゴを故意に持ち込もうとしたわけじゃないし、袋にちゃんと書かれていたわけで。
私もこれは怒ります。
ブログにも書くわ(笑)。

こんなくだらないことが起こらないようにしたいですね。
もちょろんナマモノの持ち込みはしませんが。

飛行機のなかで配られたものも注意しなくてはいけないですね。

2018年08月01日

女人禁制

挨拶してる最中に倒れてしまった人がいて、
その救助に当たった人が女性で、
場所は相撲の土俵だった、、、という。。。

大相撲では、「女人禁制」として土俵に女性があがることを禁じているんですって。
でも人命がかかった状況で救命活動をした女性にこのルールを当てようとしたことには、
いろいろなところで疑問の声があがっていました。

取材に応じた客も、「そんなこと言ってる場合じゃないだろ!」って声を聴いたそうです。
同じ意見です。
そんなこと言ってる場合?

それに、そこにもそのルール当てはめますか?
これ、今後もこういうことありそうだし、また問題になるんだろうね。

あとでお詫びの言葉もあったそうですが、女性が上がれないで死んでいたらこれはもっとすごいことになっていたはず。

相撲の土俵って女性が上がれないのも私ははじめて知りました。
それにしても、本当に

「そんなこと言ってる場合じゃないだろ!?」
ですね。。

2018年07月01日

ラインとやらを。。

ラインが流行っているので、そろそろ(遅い!)アカウントをとろうと思って
ちょっとやってみました。

LINEがバージョンアップしてFacebookアカウント認証でLINEのアカウントを新規作成・引き継ぎできるようになったとかです。
これ聞いても最初は意味が分からなかったけど。。汗

そういうことらしい。

でもって、分からないまま何かと少しづつやっていますが、
facebookアカウントで認証した場合、なにかと面倒なこともあるみたいだ。
便利なこともあるみたいだけど。

最初にちゃんと調べないでやったからおかしくなちゃったけど、
分からないまんま進んでいます。


なお、この場合は電話番号の登録は必須ではないらしく、
電話番号の登録をしない場合は、Facebookアカウントでご登録すべし、
だそうで。

なーんのことかますます分からなくなったけど、やっていくうちに分かるようになるのではないか、
と考えておりまする。

2018年06月15日

将来に不安を抱く 転職を考えるのは遅いのか

今仕事を探してます。転職です。転職体験談まとめなんかもよく見ます。

給料はみんな18万~20万位が多いです。

でも私、40歳にもうすぐなるんですが、そんな給料じゃ物足りないです。

いくら独身でも収入はもう少し欲しいところ。

転職も知らない世界がいっぱい詰まっていて仕事探しも楽しいものですね。

仕事がなくて探すのと仕事しながら探すのとでは少しは気持ちも安心。

あせったりがないのでまあ楽かもです。

仕事内容も選ばないとお給料も良い所が結構あります。

でも自動車の部品製造は給料がいいですよね。

とても興味があります。

でも年齢で引っかかるかな。

キツイ仕事内容だと若いうちですからね。

40歳になって転職するのは経験がないと不利になると聞いたことがあります。

技術も経験もないのに高額な仕事ばかり探しても無理なのは分かっていますが。


現在の私の仕事は派遣会社の正社員として勤務しているのですが、

最近40にもなってから気付くのも遅い話なのですがこのまま派遣会社の社員で一生を終えていいのかと

考えるようになりました。

転職してもっと自分で仕事をしたと思える企業に就職できたらと思うんですよね。


結婚したい方もいるので安定した将来をと思います。

将来に不安を抱くのは最近になってから。

もう少し早く気付けばよかったと後悔です。


2018年06月01日

なかなか会えない

大好きな友人に、なかなかお互い忙しくて会えないでいます。
こちらがいい時はあちらがダメで、あちらがいい時はこちらがダメ。
まったく調整がうまくいかない。
忙しいんですよ、、。お互いにね。

でも絶対会いましょうね!!って約束をしています。
なんとかなるものです。
実は、ある習い事ではたまにですけど会うことがあります。
でもその後にお茶が出来ない、やはりお互いになにかと用事があるからです。
ゆっくりお話もできないなんて、、、悲しいですね。

かといって他のゆうじんとは会っているかって、やっぱり会えないのです。
なんとか頑張ってmきてもね、、会えませんね。

大人になると本当にいろいろなしがらみがあって、友人と会う余裕がなくなっていくのです。
学生の時は気楽でよかった・・・。

でも、昔をふりかえっているだけでは面白くない、忙しいなかでどうやって時間を作るか考えて、
ぜったいに会うのだ!
そう約束をしています。
それに、よくあっているようりも時どき会うからこそ話も盛り上がるのです。
その子とは毎回数時間、コーヒー一杯ですごい話しますよ。
声が枯れるまで(!)。

なかなか会えないけど、会う努力をする、、、そんな友人が大好きです。

2018年05月01日

スピルバーグすごい

何気に見た映画だったけど、最後に
「あーー!スピルバーグだったのかー!」
って妙に何得した。
題名は「ブリッジ・オブ・スパイ」
トムハンクスが出てる映画です。

ソ連のスパイとして米国で拘束されて、司法で裁かれることとなったアベル。
そんな彼のことを弁護することになった、“不屈の男”ジェームズ・ドノヴァン。
トムハンクスがえんじtりますが、、、これが面白くて恰好いいのだよ。
彼らふたりの闘いと友情、そしてその後の米ソによるスパイ交換を描いたサスペンス劇です。

単なるスピルバーグとハンクスのコンビ作では良心的な佳作がいいところだったのでは?
しかし、そこに劇的な化学反応を起こしたのが
このマーク・ライランスの存在なのです。
彼がいたからこそハンクスが底上げされ、ドラマに命が宿った。

個人、国、社会における分裂と分断、
そして壁をテーマとしたこの映画の屋台骨を支えているのは、
やはりほかならぬルドルフ・アベル(マーク・ライランス)以外には考えられませぬ。
複雑な彼の人格とそれを演じたライランスのものすごさ。

すいません、こんな言葉でしか熱く語れない。汗。

東ドイツに渡ったドノヴァンの不屈の交渉術も確かにスリリングですが、
そのスリルを陰で支えているのもアベルの存在。
彼の信念、達観、そして命がこの実話のドラマを支えている。
ドノヴァンのアベルへの想いが支えていますね。

見てない人はぜひ!!

スピルバーグのすごさもわかる。

2018年04月01日

毎月決まったお金が。

毎月決まったお金が入ってくる、サラリーマンのような人は楽か?
会社員ではなくてそういう決まったお金が入る職業、、、不動産とか?
それは本当に楽なのか?

だって不動産とて、アパート経営だとして、そこに人がいなかったらお金は入ってこない。

まれに、
脚本家や小説家、マンガ家や翻訳家などの著作物を作った人は
不労所得を得ることが出来ます。
発明家とかもそうです、、かね。。

作り上げた作品がどこかで買われるたびに、
使われるたびにロイヤリティを得られるので、
一度作ってロングヒットすれば変な話寝ててもお金が入ってきます。

一番イメージしやすいのは作詞・作曲家ですね。
CDが売れるたび、カラオケで歌われるたびにその数%が入ってくるので、
ロングランのヒット曲を出すことが出来れば印税と呼ばれる不労所得が生まれます。

しかしこの著作家っていうもの。。。
見ての通りかなり難しいです。
特別な才能と環境。さらにそれだけではダメで運も必要ですね。

不労所得は憧れますけど、「今から著作者になる」と
突然言い出したら何言ってんだコイツと思われそうなほど夢の職業です。

結論としては、
かんたんにお金は入ってきません!!

ここはよく覚えておきましょう。

2018年03月01日

アイロンがけ

アイロンをかけるものがあって、準備していました。
アイロンをかけるテーブル(?)みたいなのもあるのですが、
うちにあるのは取り出すのが面倒なので、
いつもベッドの上でやっています。

かけるものは限られているし、ベッドでも出来ますからね。

でもこれを嫌がる家族がいるので、いつも内緒でやるんです。
どこでかけたっていいと思うのですけどねー。

内緒でやってるのですが、ずーーっと家にいると内緒でやることも出来ず、
出かける時を待っていました。面倒な家族です。

出掛けたので、それっとばかりにアイロンをかけ始めたのですが、
忘れ物をしたとかで戻ってきた。

見られはしなかったけど、すごい焦りました。
こんな面倒くさい家族を持ったことを恨みます。

皆さんの家ではこんなことはないでしょうね?
あいろんがけに気を遣うなんてもってのほかです、でも他は平和なのでよしとして、
頑張ってこれからもアイロンかけていきますーー。

あーそれにしても面倒。

2018年02月01日

富裕層

富裕層の暮らしってどんななのか、気になりませんか?
あんがいふつうな人もいますけど、成金みないな生活の人もいる。

とある富裕層になった人がこう言っていました。

不思議なもので、たいていの欲しいものを買えるとなった場合、
あまりものへの欲というのはなくなっていくものです。

逆に、住居スペースとかの方が大切になっていくため、
良質な製品のみを残して、あとはできるだけ物を置かない生活へと嗜好がかわってきており、
かえって物欲はなくなってしまうものなのです。

深い!!!

これですねー。
まさしく、だと思います。
物欲って、ないから出てくるものです。
こういうのもっと富裕層は出すべきですね、皆が勘違いしてますから。

預金がどんだけあってもそれでシアワセとは限らない。
幸せはお金の量ではないのです。
どうでしょうか。